不動産投資における融資期間の重要性と決まり方

不動産投資をする上で大切な「融資期間」

投資信託をする上で大切なことのひとつに「融資期間」が挙げられます。
不動産投資をする上では、マンションやアパートなどの物件を購入する必要があります。
不動産を購入するときには、銀行から融資を受けるのが基本です。

ただ、ここで気をつけたいのが融資期間です。
融資を受けるときには期間が決められているため、その期限内に返済をする必要があります。
例えばあなたがマンションを購入して、9,000万円を15年間で返済する必要があるとします。
この場合、1年間の返済金額は750万円となり、月に約63万円を返済しなければなりません。
つまりあなたは、購入した不動産から63万円以上の家賃収入を得なければ、投資に失敗してしまうのです。

このように融資期間によって、不動産投資の成功は大きく左右されます。
そのため融資期間について理解しておくことは、とても大切なのです。
そこでここでは、融資期間について決まり方を含めて解説します。
しっかりと勉強をして、不動産投資を行いましょう。

融資期間の決まり方は?

融資期間は銀行など、融資をしてくれる金融機関が決めています。
ここで基準となるのが、物件の「耐用年数」です。
アパートやマンションには、その構造や素材などから算出された耐用年数があります。
例えば木造では22年、鉄筋コンクリートでは47年のように決まっています。
これを基準として、融資期間が設定されるのです。

ただ、注意したい点として、「鉄筋コンクリートの耐用年数が47年だから、融資期間も47年になる」というわけではありません。
融資期間は必ず、耐用年数よりも短くなります。
さらに「30年」という期間が、融資期間の最長期間です。

不動産投資をする上では、「不動産投資ローン」を組む人が多いです。
住宅ローンの場合は融資期間を長めに設定してもらえることが多いです。
一方で不動産投資ローンは、住宅ローンのように長期の融資期間を設定してもらいにくい傾向にあります。

不動産投資をする人の中には、初心者の人もいます。
初心者の場合は不動産投資ローンを組んだ経験が少ない、もしくはゼロの場合があり、このときには融資期間を短く設定されてしまうこともあります。

融資期間は、不動産投資をする上で重要

以上のように融資期間は、不動産投資をする上でとても大切なものです。
しっかりと理解してキャッシュフローについて考えないと、投資で失敗してしまう可能性があります。
ぜひきちんと理解して、今後の不動産投資を確実に進められるように気をつけてください。
返済シミュレーションを前もって行うと、無理なく返済を行えるかどうかを判断することができます。


Comments are closed