不動産投資の種類とそれぞれのメリット・デメリットについて学ぼう!

不動産投資の種類はさまざまなものがある

ひとことで不動産投資といって、さまざまな種類があります。
この種類を理解しておくことで、自分に合った投資手法を選べるようになります。
そこでここでは、代表的な不動産投資の種類について解説します。
たくさんありますが、まずは興味の湧いたものから学んでみることをおすすめします。

不動産投資の種類

不動産投資の種類のひとつ目は、「一棟投資」というものです。
これはマンションやアパートなど、物件ひとつに対して投資する方法を指します。
この場合、丸ごとひとつの物件に投資することになるため、効率的に投資を行うことができます。
ひとつの物件ついて意識を向けるだけで大きなリターンが期待できるため、集中的に不動産投資をしたい場合にも向いています。

その反面、一棟投資のデメリットとして、「大きな資金が必要」という点が挙げられます。
マンションやアパートを丸ごと購入するためには、少なくとも数千万円の費用がかかることは多いです。
そのためある程度資金に余裕がある場合や、不動産投資経験者に向きやすい投資手法といえます。

不動産投資の手法のふたつ目は、「区分投資」というものです。
これはマンションやアパートの部屋ひとつずつを購入して投資する手法です。

区分投資のメリットは、「比較的小さな資金でも始めることができる」ということです。
マンションやアパートをそのまま購入しようとすると、費用が高額になります。
しかし1部屋や2部屋購入するだけであれば、比較的誰でも購入しやすいです。
また、銀行からの融資も受けやすいため、始めやすいというメリットもあります。

さらに部屋ごとであれば売却もしやすいため、不動産の人気が下がってきたときに損切りをするときにも、素早く手放しやすいです。

これに対して区分投資のデメリットは、「空室になった場合、収入を得ることができない」という点が挙げられます。
ひと部屋ずつ購入する場合、その部屋が空室になってしまった場合は家賃収入を得ることができません。
また、次の入居者が決まるまでは比較的時間がかかることが多いため、その間はローンの支払いなどが大変になる可能性があります。

3つ目の投資手法は、「戸建て投資」です。
これは一戸建ての中古物件を購入して、それを賃貸として貸し出す運用方法です。

戸建て投資の場合、物件によっては高い利回りを期待することができます。
中古の一戸建て物件は比較的安く購入できるものがあり、初期費用を抑えることができます。
この上で上手く入居者を募集することができれば、家賃収入で高いリターンを得ることができます。

これに対して戸建て投資のデメリットは、「リフォームに大きな費用がかかる」という点です。
一戸建てのリフォームではさまざまな箇所を修繕する必要があり、このために大きな費用がかかります。
また、この間は部屋を貸し出すことはできないため、出費が大きくなってしまいやすいです。

自分に合ったものを選ぶことが大切

このように不動産投資の方法はたくさんあります。
自分に合った手法を選びましょう。


Comments are closed