新しく委託する管理会社を選ぶポイントを知りたい

Q.現在委託している管理会社に不信感があり、変更を考えています

質問者:cocoさん 相談日:2016/2/22 回答数:1

所有している賃貸物件の管理運営について、これまである管理会社に委託をしてきました。

ですが以前よりこちらが連絡をしたことに対しての返答が遅かったり、入居者からの意見に十分に応えられるようなサービスができていなかったりで不信感を強く持っていました。

特にここ最近では周辺の住居環境に変化があったこともあり、一気に空き室がいくつも出てしまうという事態も起こっています。

このままではジリ貧になるばかりなので、もっとしっかりした運営方針を提示してくれる信頼感のある管理会社に変更をしたいと考えています。

しかしながら管理会社を変えるというのは簡単なことではなく、もし変更をしてからも同じような対応をとられてしまったらと思うとついためらってしまいます。

不動産運営の管理会社を選ぶときにはどういった点に特に注意をしていけばよいかポイントのアドバイスをください。

※こちらの質問は回答を締め切りました。

A.管理会社によって空き室率は大きく変化してきます

回答者:桃香さん 回答日:2016/2/23

不動産投資を始めてはみたもののなかなか安定的な収入が得られないという悩みは多くのオーナーさんが持っています。

これは立地や建物の魅力といったことだけで片付けることができる問題ではなく、売買の仲介や入居者の管理を行う企業のやり方がまずいということも大きく関係しています。

不動産投資を行うオーナーさんの多くはマンション・アパート管理業務については素人なので、つい管理会社の言うことを鵜呑みにしてしまうものですが、実際には管理会社によって同じ問題に対しての対応方法は大きく異なります。

どの管理会社に委託をするかによって空き室率や家賃収入が大きく変化してしまうと言ってもよいくらいです。

よい管理会社の見分け方のコツについてですが、これはやはりいかにたくさんの営業のチャンネルを持っているかとうことに尽きるでしょう。

例えば空き室対策一つにしても、営業力のない管理会社ではただ「家賃を下げないとダメです」といった単純な方法くらいしか提案ができませんが、よい管理会社になると現在入居中の人をどのようにつなぎとめるかといった方法や、新しく魅力ある物件にするためにすべきこととは何かということを提案してくれます。

それとご質問にもあるように、何らかの問い合わせについてレスポンスが極端に遅かったり担当者がコロコロと替わるようなところはそれだけで信頼することはできません。

ただし問題となるのは現在の管理会社との契約解除の方で、最初の契約条件によっては一方的な解約を申し出ると高額の解約違約金を求められるようなこともあります。

まずは現状を把握し、その上で適切な対応ができるように情報を集めてみてください。

参考になった数1件!

Comments are closed