要求が多い入居者への対応方法は?

Q.要望を通り越してわがまま放題な入居者に手を焼いています

質問者:松島でんさん 相談日:2016/9/17 回答数:1

最近入居した人について相談をします。

その人は少し法律に詳しいのか、入居をしたあとの設備の不良については賃貸人が負担するものであるということを知って非常に細かい要求をしてきます。

ここ数週間の間だけを見ても、「水回りが臭いので修理をしろ」「インターネットの高速回線を引くための工事をしたいので工事に立ち会え」「備え付けの電化製品を入れ替えたいのでもとからあったものを処分しろ」といった具合です。

悪質なクレーマーと言ってもよいくらいなのですが、何かというと法律などを持ちだして強気な態度を取ってくるため非常に手を焼いています。

既に契約をしているため今後どのような対応をしていくべきかがわかりません。

具体的な方法を教えてください。

※こちらの質問は回答を締め切りました。

A.契約を結び直すか退居をお願いした方がよいでしょう

回答者:NT68さん 回答日:2016/9/17

最近では「お客様は神様です」という言葉を悪い意味で履き違えた消費者があちこちの業界で出没をしているようですね。

おそらくご質問の入居者などは本当にそうした問題を対処したいのではなく、ある意味そうした自分の要望をおとなしく聞く家主を下に見て面白半分にやっているのでしょう。

確かに借地借家法においては手厚く賃借人の権利が保護されていますが、それは本来住むところを家主側の一方的な都合で奪われないようにするためという主旨あってのことであり、それに乗じて自分の権利ばかり主張するのはお門違いも甚だしいと言えます。

そうした人への対処方法はもう退居をしてもらう以外にないのではないかと思います。

強制退居をさせるためには正統な事由が必要ですが、過去の事例などを参考にしながらいくらかの立ち退き費用で納得をしてもらうようにしましょう。

または契約更新時に合わせて契約書の条件を変えるというのも一つの方法です。

最近は住宅内の消耗品以外にも水回りなど使用方法によってかなり劣化が異なる部分については自費で修繕をするように取り決める賃貸契約も多く結ばれています。

今後新たに入居者を募る場合にはそうした事態も想定しておくようにしましょう。

参考になった数1件!

Comments are closed