不動産を探す時に確認するポイントは?

賃貸物件で最も大切なのは「場所」

不動産物件は人気の投資方法として年々注目が高まってきていることもあり、書店などでは不動産投資マニュアル本がたくさん並んでいるところを見かけます。

しかしどれほど細かいテクニックを学んだとしても、そうした小手先の方法だけで不動産投資が成功するということはありません。

身も蓋もないことかもしれませんが、家賃収入を考えた不動産投資をする場合、最も重要になってくるのはその物件のある「場所」だからです。

わかりやすく都内で説明をすれば、人口の少ない奥多摩や八王子に高級賃貸物件を作るよりも、新宿や渋谷といった人口の密集するところにワンルームマンションを作った方がずっと収益が上がりやすいということです。

さらに言うと同じ新宿や渋谷であっても駅前周辺であるかどうかや、駅からどのくらいの距離にあるかによって全く状況が異なってきてしまいますので、どれだけ条件のよい土地を抑えることができるかどうかというポイントを無視しては決して不動産投資を成功させることはできません。

これからどこに不動産物件を作るかを決めるという段階の人ならば、まずは地図を見たりできることなら現地に直接足を運んでみて、その土地がどういったところにあるものかということを確かめてみてください。

周辺にある建物や将来の都市計画にも注目

ただし例外的に駅周辺以外でも安定的な収入を得ることができる賃貸物件もあります。
それは大きな学校や、大会社の工場やビルのすぐそばにある物件です。

ここ近年、都心部にある大学が土地をより広く使うために郊外の奥まった場所に移転するということも広く行われています。
郊外につくられた大学の場合、その大学に入学する学生が毎年平均的に入れ替わりをしてくれるので安く一人暮らしがしやすい物件をきちんと管理していけば、安定的な収益が望めます。

逆にそれまであった大学や会社が急に移転してしまうようなことがあるとそこで賃貸物件も一気に人気がなくなってしまいますので、そうした土地開発の情報はしっかり情報収集しておいた方がよいかもしれません。

自分で物件を一から作るのではなく、前のオーナーさんが売りに出している物件を購入するということも不動産投資ではよくあります。

そうした中古物件を購入する場合、まず見ておきたいのは周辺の交通利便性や治安面といったことで、そこから実際の室内の状態を調べます。

近くに食料品や生活雑貨を購入することができるお店があるかどうかや、徒歩圏内にコンビニエンスストアがあるかどうかということは特に若い賃借人を確保するときには重要な問題です。

逆に近くにカラオケや遊技場があったり、学校や保育施設があったりすると、騒音のために入居者がいつかないということもよくあります。


Comments are closed