今更聞けない!アパート経営のメリット

ワンルーム投資ではなくアパート経営が有利な理由

都内で若手会社員や公務員で広く行われるようになっているのが「ワンルーム投資」と言われる一室のみのオーナー経営です。
これは通常のアパート経営のように物件そのもののオーナーとなるのではなく、マンションとして販売されている一室を購入し、それを貸し出すという方法のことです。

アパート経営として物件をまるごと一つ作ろうとすると、土地代や建物代の他、専門的な管理士としての知識が必要になるなど色々と面倒な手間が出てきます。

しかし一室のみの管理の場合、貸出をするときの広告宣伝費も少なくすみ、管理コストも安くすることができます。
何よりも初期費用が低いので十分に預貯金のない若い世代でも手軽に開始することができ、管理を外部に委託しなくても清掃や運用を自分と家族でしていくことも可能です。

手軽で便利なワンルーム投資ですが、手軽であることの反面でデメリットを受けることもあります。
まず、ワンルームマンションの一室のみのオーナーの場合、どうしてもその建物の管理組合に所属し、修繕積立金や管理費を支払わなくてはいけなくなります。

また自室内の所有権はあっても土地にまでそれは及ばないので、もし自然災害や火災などが起きて建物が大きく損壊したときには全く資産価値がなくなってしまいます。

また一室のみの場合、空き室になってから次の入居者が見つかるまでの時間が空いてしまうとその間まったく家賃収入がゼロになるということになるので、切れ目なく利用者を見つけるという大変な仕事をしていかないといけません。

自分で運用方針を転換できるのがアパート経営の魅力

物件まるごとのオーナーとなるアパート経営の最大のメリットは、オーナー自身で運用方針を決定していくことができるということです。

マンションの一室の場合、いくら室内をキレイにリフォームしていても建物そのものの魅力がなかったり、外観に問題があったりした場合にはなかなか入居者を見つけることができません。

その点自分の所有する建物なら、外観を塗り替えしたり、時に物件の内装を大きく変えるリフォームをかけたりといったようなことも思いのままです。

最初はファミリー向けのマンションとしてスタートしたものの、思うように人が集まらないのでワンルームやシェアハウスに作り変えたりということもできるので、運用状況から柔軟に対応していくことができます。

空き室のリスクはワンルーム投資同様に発生しますが、あらかじめどのくらいの空き室率で運用すればよいかの計算をしっかり立てておけば、急に空き室が出たときにも慌てず当面の利益を確保することができます。

さらに相続税や贈与税は土地の方が計算割合が低めになっているということもまた、土地の所有者にもなるアパート経営ならではのメリットです。


Comments are closed